subscribe

You can update this text in your control panel, under Theme Options. Nam massa. Ut tempor augue non sapien lobortis aliquam. Maecenas.

4月 30th, 2014

蓮田でトランクルームのご使用、不動産活用なら杉和マクシス
物件を探すときには誰でも早く焦ってそしてあまり調べることなく借りてしまう人って多いと思います。賃貸での家探しは根気が必要になってくるので住んでから失敗したとならないようにしたいですね。私の場合は賃貸物件を拝見させて頂くとき、いつもいくつかのルールを守っています。まず夕方辺りに見に行くこと、これはそこの賃貸物件がどれだけ騒がしいかなどを調べることが出来るんです。夕方は人の行き交いが激しい時間帯なので物件内も外もどれくらい静かなのかを調べれます。次は物件の建物が何なのか?鉄骨なのか軽量なのか?これは建物内の振動に関係するので普段生活していてどれくらい響くが分かります。夕方だと帰宅ラッシュでもあるので以外に建物の振動などが分かり易いです。それと鉄骨か軽量化は資料を見せてもらうと分かるので見ておいたほうがいいです。あとは回りに何があるか?駅は?スーパー?コンビニや薬局は?様々ありますがこの辺りを把握しておくと便利です。

No
Comments

Tags:

4月 24th, 2014

現在賃貸アパートに住んでいるのですが、住む前には気がつかなかった点があって、その為に今けっこう苦労まではいきませんが気掛かりにはなっています。
物件を選ぶポイントとしては、家賃、設備、駅から近いかなどの交通の便、コンビニやスーパーやホームセンターなど食料品や生活用品など普段の買い物は便利か、などなどあると思います。私もそういったことで選びました。
ですが、住んでみてわかったことは、その賃貸物件の他の住人とのマッチング、隣や上下の人と合うかどうか、これがけっこう重要だと気がつきました。
今のアパートは築30年くらいで、外装は塗装して間もなくで綺麗で、室内もリフォーム済でエアコンは新品でした。そこまでは良かったのですが、住人は高齢の人が多かったんです。最近になって若い人も入ってきましたが、住み始めた1年半前はおじいさんおばあさんばかりでした。
高齢の人は若い人と違って体が衰えているので、ちょっとした物音やテレビの音量などに、ものすごく敏感な人もいます。調理中に鍋を取ろうとして床に落としてガタンと音がしただけで、ビクッとなるようで、向こうからおそらく苦情の合図でドン!と音がします。テレビもこれ以上低かったら何を喋っているのか聞き取れないという音量でさえ、ドン。と音を出してきます。
以前住んでいたところは若い人ばかりだったので、まさかこんなふうだとは知りませんでした。
賃貸を選ぶ際には、住人がどんな人達なのかもポイントです。

No
Comments

Tags:

4月 24th, 2014

私達が住居を構える際、選択肢として持ち家か賃貸かということが問題になります。
資産として考えるのであれば持ち家ですが、不況が続いた日本では若い人が土地を持つことは難しいですから、多くは賃貸ということになります。

賃貸は、持ち家に比べると完全に劣っているのかといえばそうではありません。
持ち家には持ち家の、賃貸には賃貸のメリットというものが存在しています。
賃貸のメリットというのは、住居における身の軽さです。
もし、災害が起こったとして、住んでいる住居が傷んでしまった場合です。
この場合、持ち家であれば全て自分が負担して修理をしなくてはなりませんが、賃貸であれば住居の修繕は持ち主である貸し主が行うことであり、自分で負担する部分はありません。
また、甚大な被害があった場合でも、それらについて何ら責任が発生するわけでもありませんから、次の大丈夫そうな住居へすぐ移動することも出来るのです。

太平洋沿岸では、今後20年~30年の間に大地震が起きるとされています。
そういったことを考えると、賃貸のメリットを取るのか持ち家の資産価値を取るのか、非常に頭を悩ませるポイントとなるのです。

No
Comments

Tags:

4月 24th, 2014

賃貸の場合、「購入することができない」ような便利な場所に住むことも可能になります。
通勤時間のロスをカットすることで、人生の自由時間が増えますから、会社に近い場所や公共交通機関の便が良い場所に済むということは大きなメリットがあります。

また、家族が増えて「優先すべき事項」の内容が変わったり優先順位が変わったりすることもあります。
子育てだけではなく、親の介護ということも十分に起こりえますし、会社の移転ということも有り得ないことではありません。

購入したマンションや家を売って転居するという選択はとても難しいですが、賃貸であれば家庭の事情で転居をすることも可能です。

そして、子育ての時期には、学校に近い場所であったり、通勤に都合の良い場所に居を構え、終の棲家を探す時期には、夫婦ふたりで暮らすのにちょうど良いサイズの場所に移り住むということもできます。

賃貸の部屋を選ぶときには、昼間だけでなく、夜の雰囲気も見ておいたり、駐車場の出入りのし易さなどは、チェックしておくと良いですね。
子育て中ならば、保育園や小学校の「場所」と歩いて移動する途中が安全かどうか、なども気になるところです。

うっかり買い忘れなどの場合に、ちょっと買い物へ行けるコンビニやスーパーが近くにあると、本当に助かります。

No
Comments

Tags:

4月 22nd, 2014

私は3年前までペットと暮らせる賃貸住宅に暮らしていました。最近は、以前に比べて様々なタイプの賃貸を選ぶことが出来るのですが、私が暮らしていたのは大手住宅メーカーが建てた、新築のアパートでした。
非常にペット用のが充実していて、階段前には飛び出し防止ゲートがあり、ドアにはペット専用のドアも付いていました。2か所のアパートに暮らしましたが、どちらもとても暮らしやすいと感じていました。
しかし更新せずに引越しをするとなると、ペットが飼えない物件に比べて数が少ないので、すぐには気に入る所が無く、少々時間をかけて探しました。割と早めに不動産屋さんに希望の間取りなどを言っておき、空いたお部屋があればすぐに見学に行くというような事を数回繰り返して、ようやく引っ越し先を決めるような状態でした。
ペットと暮らせる賃貸を希望している方へのアドバイスとしては、問題なのは1軒目を探す時ではなく、2軒目以降を探す時だと言う事です。期間に余裕を持って早めに探し始めることをお勧めします。

No
Comments

Tags: